スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C'Space2014 フランス レポートその7・フランス7・8日目

大会のメインイベント・打ち上げも終わりましたのであとはさらっと流す感じになりますが…。


8月29日

結果はどうあれ昨日のうちにロケットも衛星2機も回収出来ましたので、お昼頃から各自自由行動となりました。
キャンプから歩いて30分ほどの所にビスカロスビーチがあり、その付近はショッピング街になっているので買い物に行ったりビーチの砂浜で寝ころんでうたた寝したりと思い思いに過ごしていました。

夜になり、最後のパーティが行われました。
事前の通達ではTVシリーズをテーマに仮装をという事でしたので、我々UCKはわりと気合を入れて仮装したんですが、なんか話が違うぞってぐらい何もしてない人のほうが多く(笑)でも暖かく迎え入れて下さったようです。

うちのリーダーがスーパーマリオブラザーズのルイージの仮装をしていたのですがやはり知名度が高いですね。さすが任天堂…。衣装をその場で脱いで他の人に着て貰い、ひとしきり写真を撮ったりポーズを撮ったりしたあと、次のターゲットをロックオンして着させる、というのを繰り返してかなり盛り上がっていました。

最後はテレビ関係の音楽イントロクイズが行われたのですが、さすがにビバリーヒルズ青春白書ぐらいしかわかりませんでした(笑)。


8月30日

いよいよキャンプ出立の日。

始まってすぐは長いように思った1週間も、終わってみればとても短かったように思います。朝から宿舎の部屋の掃除やベッドメイキングなどをして、作業場前にスーツケースを置いて朝食へ。宿舎から作業場までは徒歩で30分程度かかる上に道路の舗装もあまりよくないのでスーツケースを引きずって歩くのはなかなか大変なのですが、このキャンペーンに参加している皆さんにはとても親切にして頂いていて、そういう場面になると大抵車に乗せてくれたりと大変助かります。
(なので我々も行く際に、荷物の重量制限とギリキリまで相談しながらロケットや工具以外にもお土産を持って行き、わずかばかりですがお礼をするようにしています)

ここで知り合った方々とお別れの挨拶や連絡先の交換などをして、ボルドーサンジャン駅までのチャーターバスに乗り、TGVでパリ・モンパルナス駅へ向かいました。

ここからは仕事の都合で夜の飛行機で帰国するルート、1泊だけ観光して帰国するルート、スケジュールが許す限りヨーロッパ周遊するルートに分かれて各々帰国しました。
スポンサーサイト

C'Space2014 フランス レポートその6・フランス6日目

ちょっと間が空いてしまいました、すみません。
全員無事日本に帰国致しております。

では、打ち上げ当日の様子を………。

8月28日


t_IMG_1905.jpg

いよいよ打ち上げ当日。
打ち上げ準備のため朝食も食べずに打ち上げ場に向かいました。


t_RIMG0146.jpg

t_t_RIMG0160.jpg

t_RIMG0175.jpg

t_t_RIMG0180.jpg


エンジン点火スイッチを押すため3名がランチャー近くのテントに残り、あとの5名は3キロほど離れた一般観覧エリアへ。
カウントダウンが始まり、ゼロの声と共にロケットが発射されました。


今回は射出後約12秒でCan-Satが2機放出、14秒でロケットのパラシュートが入ったブースのドアが開くようになっていました。


が。






t_RIMG0283.jpg

t_RIMG0281.jpg


パラシュートがうまく開かずそのまま弾道飛行となり、落下地点がたまたまアスファルトで舗装された道路だった事もありロケットは外装も中身も粉々、ロケットに搭載していた3軸ジャイロデータ、GPS、加速度のデータが書き込まれたマイクロSDカードにも大きくヒビが入ってしまって読み取り不可……。



Can-satは肉眼では1機は正常に放出されていたのではないか?という見解だったのですが、運営側から頂いたビデオ映像を見ると確かにCan-Satのパラシュートらしきものは浮遊しているのですが裏返ったり回転したりしているので、浮遊していたのはパラシュートだけだろうというのが今の所の見解です。ロケットからきちんと射出されたのちにパラシュートが千切れたのか、本体がうまく射出されずにパラシュートだけが千切れて飛んでいってしまったのかも不明。ただ、ロケットを回収した地点からほど近い場所でCan-Sat2機を回収したので、本体だけがロケット内に残ったまま、ロケットが墜落した衝撃で外に出されたのではないか等いろいろ考えられますが、おそらくこれ以上は推測する事しかできないと思います。ただCan-Sat1機はGPSなどのデータが取れているので、こちらの分析から何か情報が得られるかもしれません。

協賛ご協力のお願い

この記事はしばらくの間一番上に表示されます。最新の記事はこの記事の下にあります。
(8/4 Update!Tシャツを実物の写真に差し替えました)



フランスで行われるC'Space 2014大会まであと少しとなり、メンバー一同急ピッチで作業をしております。作業内容や風景など皆様にお伝えしたいのですが、なかなか叶わずいつも支えてくださっている皆様には申し訳なく思います。
がんばって良いロケットを作れるよう一同頑張りますので応援よろしくお願いいたします!


私達宇宙クラブ関西は、8月23日から30日までフランスボルドー近郊にて行われるC'Space大会に参加すべく日夜がんばっております。C'Spaceではモデルロケットの打ち上げ大会、バルーン大会、Can-Sat大会など、若手エンジニア教育を目的とした様々な催しがあり、我々はそのうちのモデルロケット打ち上げとCan-Sat大会に出場します。

大会は自分たちで目標を設定しそれを達成できたかどうかをはかるものであり、特に順位を競うものではありませんが、フランス軍のミサイル用エンジンを搭載しての約1000メートル上空への打ち上げ(モデルロケットの場合。Can-Sat大会は約150メートル上空からの放出)など、日本国内の大会ではなかなか困難な事をさせて頂けるとても貴重な機会です。

宇宙クラブ関西は社会人・学生混成で8名でこの大会に参加いたします。つきましては協賛のお願いをしたく思います。



<< 詳細 >>

★その1★
UCK-14ロケットと共に貴方の思いをフランス上空に飛ばします!

モデルロケットのボディやフィン(羽の事ですね)にロゴマークやメッセージなどを掲載したステッカーを貼らせていただきます。企業様、商店様、個人様は問いません。どなた様でも何枚でもご応募いただけます。会社様のご広告として、はたまた『○○ちゃん好きだー!!!結婚してくれー!!!!!』などの超個人的なメッセージなどなど、どんなことでも結構です。ロケットと一緒に世界へ飛び出したい!!そんな気持ちを込めてぜひどうぞ!

大きさ(1枚) 100 mm × 100 mm (最大)
価格(1枚)  3,000円~10,000円

ステッカーデザイン等はご自由にしていただけます。またこちらでロゴ等の素材だけ頂き簡易で作成させて頂く事も可能です。

貼付場所のご希望につきましては先着順となります。機能等の都合上ご希望に添えない場合もございますのであらかじめご了承下さい。


★その2★
UCK-14 Tシャツを販売します!


UCKメンバーが現地で作業中に着用するユニフォームです。
生地も良いものを使っておりますので、普段にお使い頂けたら私達もうれしく思います。

デザイン

表側
左胸にUCKロゴが付きます。前回参加時は赤でしたが今回はオレンジです。
(実物の写真から切り抜いていますのでちょっと変な感じですが…)
t_t_10353027_830029630354658_3028898111315510301_n.jpg



背中側
イラストの下には当活動にご協力を頂いている企業様などのロゴが入っております。
t_10524733_830029603687994_6614559958978660250_n.jpg




価格 1枚 2,000円(郵送の場合は1回のご注文につきプラス500円頂戴します)
サイズ S、M、L、LL、3L(男女兼用サイズ)

男女兼用サイズのため、女性はSサイズがおすすめです。Mサイズでもわりとゆったり目にご着用頂けます。男性の場合はMサイズがおすすめです。小柄な男性にはLサイズは大きいかもしれません。LL以上は外国人の男性に最適なサイズです。3Lはかなり大きいです。(作業場にお越しいただければご試着もして頂けます)


お申込み、お問い合わせはこちらまで!よろしくお願いいたします!!

C'Space2014 フランス レポートその5・フランス5日目

8月27日

Can-sat班は午前中、事後プレゼンがありました。デザイン賞をいただいたとの事です。
取得したデータなどについての詳しいことはまた後日、本人たちにレポートしてもらいたいと思いますのでもうしばらくお待ち下さいね。




さてさてロケットのほうはというと。


t_RIMG0116.jpg
(左に写ってるのはおとなりで作業していた岐阜チームのロケットです)

目標・今朝中のテスト合格!

という事で朝から急ピッチで最終調整にいそしんでいたわけですが、明日のビスカロスの天気はあまりよろしくないとの事なので、『出来る限り今日中に打ち上げて!!』とコントロールから指示があり、さらにスピードアップ!

t_RIMG0125.jpg

t_RIMG0129.jpg


タイムリミットが迫る中お昼ご飯もすっ飛ばして最終調整をし、無事テストをクリアしましたが、結局打ち上げとしてはタイムオーバーになってしまったため、明日の朝の打ち上げとなりました。

C'Space2014 フランス レポートその4・フランス4日目

8月26日

今日は朝からあいにくの雨。


昨晩から続く電装トラブルの対応に追われつつも、Can-Sat班は本番前のプレゼンテーションへ。スライドも発表も質疑応答ももちろん全部英語です。


t_RIMG0086.jpg

t_2014-08-26_142116.jpg
霧雨で暗くてわかりにくいですが、バルーンの右横にいる小さなクラゲのようなものがCan-Satです。

t_2014-08-26_142116(1).jpg

t_RIMG0089.jpg

t_RIMG0097.jpg

大会が無事開催されるかどうかが心配でしたが風はあまり出ていなかったので、どうにか予定通り実施されました。

会場が基地内にあるサッカースタジアムでCan-Sat班以外の者は観客席での見物だったのですが、風向きの関係で観客席の屋根のほぼ真上にバルーンが上げられたため観客席からはとても見づらく、いい写真があまり撮れなかったのが残念でしたが、無事地上に降り立ち、データも取れたようです。

明日事後プレゼンがあるので絶賛データ解析中です。どんなデータが取れたのかはまた明日のレポートでお伝えしたいと思います。


ロケットの電装班はトラブルを解決し、全体調整に入りました。明日中にはすべてのテストをクリアしなくてはなりません…。なんだかんだで切羽詰まって来ています。
≪前のページ≪ ホーム ≫次のページ≫

プロフィール

宇宙クラブ関西

Author:宇宙クラブ関西
宇宙クラブ関西の活動日誌的ブログです。

当クラブはロケット作りを通し ” ものづくり ” を体験する事により、若者の ” 創る力 ” を育てる、非営利のボランティア団体です。

作ったロケットは毎年7月末に行なわれるフランス大会にて、約800メートル上空に打ち上げられます。

ただいま会員募集中!学歴、性別、国籍、経験の有無その他不問!未経験上等!必要なのはやる気だけ!

詳しくはこちら へ!


ご協賛戴いた企業・団体一覧

ECH(English Community House)
株式会社古谷鉄工所
株式会社 二テコ図研
日東工作所
ジャンクラフト
M's creation
ファクトリープラスワン
株式会社 三ツ星産業
OHANA
株式会社アイエス工業所
ドリームサテライトプロジェクト
フコイダンDX(株式会社スリーピース)
Astrex(宇宙開発合同会社)




最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。